なごんのエンタメ

面白い小説や、映画について書いています。

映画『シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛』感想


この映画大好きです。

初見では、「面白かった。さわやかなラストだなぁ」くらいの感想でした。

でも見直すうちに、「すごくよくできてる映画だ」と改めて感動。


あらすじ

主人公のバッグスは、海軍の軍人。
だが病気に。

大した病気じゃないが、休暇を取らないといけないことに

遊ぶか! となりますが、
その休暇では、軍の規則の関係で、真夜中までに帰らないといけないんです。
そのため「シンデレラ・リバティ」と呼ばれていました。

その休暇、シンデレラ・リバティで、マギーという女性に出会います。

彼女は賭けビリヤードをしていました。一夜を共にしますが、実は彼女は売春婦で……。


感想

この映画のいいところはたくさんありますが、アメリカの恋愛映画らしく、ユーモアがきいていて、いい。

主人公とマギーとの会話、マギーの子どもとの会話、教官だった男との会話……。
どんな会話にも、ちょっとしたユーモアがある。だから会話を聞いているだけで楽しい。

二人の恋愛は順調じゃないです。
苦しい恋愛だと言えるでしょう。

でも全然重くない。
映画全体に、このセンスのいいユーモアがちりばめられているからでしょう。

口喧嘩のシーンにも、ちょっとユーモアがあるんですよ。激しい口喧嘩なのに。 

好きなシーン

主人公と、教官だったリンとの会話とか、すごく面白い!

マギーとバッガスの会話もユーモアがきいてて、また、ときどきロマンチックでかったるい!
引用してみましょう。

マギー「もう帰って」

バッグス「きみが言うなら」

マギー「明日会いましょ」

バッグス「明日はこないかも」

マギー「来たとき会いましょ」

バッグス「明日来るよ」

マギー「私がいないかも」

バッグス「いるときにくる」

   二人、見つめあう。

マギー「いるわ」

 またマギーと、マギーの子供・ダグラスと出かけるシーンも面白い。

子どものダグラスがかわいいんです。憎らしくて、かわいい。
主人公とヒロインが喧嘩すると、ダグラスは子どものくせに二人の仲をとりなすんですよ。そのやり方が大人っぽくて笑えるw


はっきり言うと、ヒロインはヒス女。売春までやっている。にもかかわらず、すごく魅力的に描かれている。

この映画にただ魅力的な人っていない。みんなくせがある。

みんないいやつで、魅力的で、くせがあって、ユーモアあって、最高。


キャスト

ゴッドファーザーで、あのけんかっ早いソニーを演じていた、ジェイムズ・カーンが主演をしています。

マギーは、マーシャ・メイソン。いまはおばあちゃんですが、このころはかわいかった!

この映画には原作があり、原作と、さらに脚本を、ダリル・ポニックサンが担当しています。

監督はマーク・ライデル
マーク・ライデルの映画は、シンデレラ・リバティしか見てません。

ただほかには、『黄昏』や『ローズ』『フォー・ザ・ボーイズ』という作品を撮っています。

見てませんが、『黄昏』という作品の評価はかなり高いですね。

機会があったら見て見たいと思います。

ただこの映画、シンデレラ・リバティには負けるんじゃあないかなあ、と思いますね。
それくらい傑作だと思いました!

 

映画『キンキーブーツ』感想。結末に感動したけど……

久しぶりにキンキーブーツを見直しました。
初めて見たときは、けっこうおもしろいなと思ったんですが、いま見返してみると、ちょっとどうなんだろう、という箇所も……。

展開として、ちょっと強引な気がするんですよ。

ただ、面白かった。ぜひ見てほしい! と思います。

 

あらすじ

主人公のチャーリーが、お父さんから靴工場を引き継ぎます。

でもなんと、その靴工場は借金だらけでした。その工場を売ってもいいけど、主人公はなんとか復活させようとします。

その方法として、ニューハーフの人たち向けのハイヒールを作ります。

隙間市場を狙ったんです。

でも男性の重い体重に耐えるハイヒールの制作は大変……。

ですがその仕事を通して、主人公たちが変わっていき……

 

感想


つまらないわけじゃないですよ。
むしろ楽しいです。

まず、いいところをあげれば、ちょっとしたセリフにいちいちユーモアが利いているところ。そこがほんと最高です。

主人公とローラの会話は、非常にユーモラスで、ふたりが三十分しゃべりっぱなし、ってシーンがあっても楽しめるんじゃないか、ってほど。

極上のユーモアがちりばめられていて、すごくいいです。

 

また靴を作っているシーン。

キンキーブーツで最も優れたシーンが、この靴を作ってるシーンじゃないかなってほど。
すごくおしゃれなんですよ。
この靴を作っているシーンを、延々流してても楽しめる、ってくらい素敵です。

f:id:shounagon:20181009091737j:plain

素敵な女性の靴って、ただ眺めてるだけで楽しいじゃないですか。

f:id:shounagon:20181009092326j:plain

その素敵な靴が、工場のなかで、だんだんと作られていく……、その過程を見られるんです。しかも洒落た音楽をききながら。

この靴づくりのシーンが、ほんと印象に残った。いつまでも見ていたいくらいでした!

 

ただ、展開の強引さがなあ、と思ったんです。

これはフィクションです。

実話をもとに……といっても、参考にした話があったという程度。

本当にあった話を、ちょっと脚色して映画にした、ってわけじゃないです。

 

ノンフィクションならまだしも、フィクションなら展開が強引。

 

まず靴工場が、たしかに隙間市場とはいえ、ニューハーフの人たち用の靴を作って復活するかな? という疑問です。

私は、それで再起可能とは思えないんですよね。借金もあったわけでしょう。

仮にできるにしても、その説得力がたりない。

数字のデータを出せ、とは言いませんが、ちょっとそこが弱かった。

 

またミラノのショーがゴールなんです。

みんなで、靴を発表するミラノのショーを目指します。

でも、そのショーに出したからといって、靴が売れるわけじゃないでしょ?

 

そのショーに出て、靴が売れたってところをゴールにすべきだった。

靴のファッションショーに出品! 素敵な靴のファッションショーのシーン! 拍手! 終わり! って展開に、ちょっと不満がありましたね。

 

でも面白かったんですよね。

不満はあるし、最高とは言えないですが、楽しい映画だったことはまちがいないです。

 

キャスト

監督はジュリアン・ジャロルドです。
イギリスの監督です。

この『キンキーブーツ』以外の作品では、あまり知られていません、たぶん。

チャーリー・プライスを演じた気弱そうな役者は、ジョエル・エドガートンです。

この人の出てる映画もほとんど見たことがないんですよね。


ローラを演じたのは、ロンドン出身のキウェテル・イジョフォー

1997年にスピルバーグが監督をした『アミスタッド』で映画デビューしました。

 

ただでさえ役者には詳しくないんですが、この二人のことも全然知りませんでした。

 

映画の評価は☆4つってところかな。

また見てない方にはぜひ見てほしい映画ですね。

 


参考サイト
https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84/325092/credit/

https://movies.yahoo.co.jp/person/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3/513502/

https://movies.yahoo.co.jp/person/%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC/85973/info/

 

『127時間』感想。実話をもとにした良作


127時間は、登山家の実話をもとにした映画です。
岩に腕がはさまれ、やばいやばいってだけなんですが、これがなかなか面白いんです。

 

あらすじ

主人公のアーロンは国立公園にいきます。

ここには、巨大な岩がごろごろしています。アーロンは岩と岩の間を、曲芸師みたいにするする進みます。

まさにこのDVDの写真見たく。

ですが事件が。
何メートルもある岩と岩の間を移動していると、巨大な岩が落ちてきて、滑落。

しかもその巨大な岩に、腕が挟まれて、動けなくなってしまいます!

 

感想

極限状態の人間、そしてアーロンという人間がしっかり描けています。

だから面白い。

岩に腕が挟まれて、やばいやばい言ってるわけですから、ほとんど一人芝居。

でもすごく面白い。また生々しい。

たとえば挟まれた腕にナイフを刺し、空腹のあまりか、流れてきた血を舐めるシーンがありました。
怖かったし、アーロンのすさまじい飢えがよくわかります。

そういう極限状態のシーンはもちろん、アーロン自身が良く描けています。
六日間、腕が岩に挟まれて独りぼっちですから、いろんなことを考えるんですよ。

 

また何度も後悔する。
誰も救助に来ません。
なぜなら、だれもアーロンがそこにいることを知らないからです。

母親にも、妹にも連絡しませんでした。
同僚にどこに行くの? と訊かれましたが、適当に答えた。

また妹の結婚式に行けなかったことを後悔する。

なぜ誰にも言わないで、こんな危険な場所に来たのか。

「俺はタフガイだ」と思っていたからです。
その愚かさを、巨大な岩に腕を挟まれ、動けなくなった状態で、何度も何度も後悔します。

その後悔が、アーロンの人生に、大きく影響するわけです……。

 

キャスト

監督はダニー・ボイル
イギリスの映画監督で、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞を取りました。

この映画もすごく面白いです。
リンク張りますので、興味のある方はどうぞ。

ですがゾンビ映画として有名な、『28日後...』はめちゃめちゃつまらない。
これは本当につまらなかった。なんでこんなに評価が高いのか。

また『トレインスポッティング』も見ましたが、当時若かったからかもしれませんが、全然わからなかったです。

ダニー・ボイルのおすすめは、やぱりアカデミー賞に輝いた『スラムドッグ$ミリオネア』と、この『127時間』ですね。


ちなみに原作ですが、これは登山家アーロン・ラルストンの伝記です。

リンク貼っときます。

またナショナルジオグラフィックにも、彼の話が載ってました。

natgeo.nikkeibp.co.jp


出演している役者はジェームズ・フランコです。
ほとんどこいつのひとり芝居です。

このジェームズ・フランコは、「スパイダーマン」3部作で、主人公の親友のハリー・オズボーンをやった人です。

この127時間で有名になりました。

 

なかなか面白いので是非。

5段階評価で☆4つかな、と思います。

あおはるデミデイズ感想!ミノも九尾もかわいい!


青春恋愛マンガです。
女の子がとにかくかわいい!

ミノちゃん、レイコちゃんが好み。

特にミノちゃんは、ぽっちゃりで武闘派なキャラクターなのに、かわいく書けててすごい!


あらすじ

「思春期症候群(デミ・コンプレックス)」ってものがある世界。

思春期になると、体の一部が、妖怪とか幽霊とかの異形に変化します。それがデミ・コンプレックス。

この現象にみまわれた男女の、ほのぼのしたオムニバス恋愛漫画です。

猫星にゃ~という方が描いています。


感想

面白いです。

GANMA!では2018年現在、無料で見られます。

↓こちらからどうぞ。

ganma.jp

 

ワンエピソードが7話か8話のオムニバス形式。

最初はミノちゃんと優くんという男女の物語です。

このエピソードのヒロイン、ミノちゃんががめちゃめちゃ可愛いんですよ!

ミノちゃんは恋愛漫画には珍しいぽっちゃり系で、武闘派の女の子。
でもかわいんですよ!

このミノちゃんに、デミ・コンプレックスで、ミノタウルスのように角が生えてしまいます。

優(ゆう)君は、いわゆる素直じゃない男子で、おさななじみのミノちゃんが好きなんですが、悪口ばっかり。

たとえばミノちゃんに角が生えてきたとき、「かわいい!」と思います。ですが照れて、「牛!」と言ってしまう。ミノちゃんは武闘派、かなり強いので、毎回優君はボコボコにされます。

この二人の物語がすごくいいんですよ。

でも7話で終わってしまいます。
つぎには全く別の主人公とヒロインが登場します。
さみしい……。


でも次のキャラクターもなかなかいい。
主人公は帝(みかど)君です。

デミ・コンプレックスで、サキュバスの男版、インキュバスの能力を手に入れた男子生徒です。

そのパワーのせいで、目の合った女の子を3秒で恋に落とします。

でもアニメオタクなんです。

この子とヒロインの物語もなかなか素晴らしいんですよ。

オムニバス形式なので、やっぱり7話8話で終わってしまい、また主人公とヒロインが変わってしまうんです。


「オムニバス形式じゃ、感情移入できない」って人もいると思います。でもこれはそんなことなくて、かなり楽しめます。

なぜなら、女の子がほぼ毎回かわいいんです!

ただなあ……エルフちゃんって女の子だけは、いいと思いませんでした。呆れました。なんでこんなキャラ作ったんだろう、って。
このキャラクターは残念でした。

でも角が生えてきてしまうミノちゃんも、狐の耳としっぽが生えてしまう九尾さんも、めちゃめちゃかわいいんです。

九尾さんは表紙にもなってます。

見た目はすごくかわいいですが、この話はそこまで好みじゃなかったかな。

内面含めるとミノちゃんに軍配。

 

外見のみだと、特に好きなのはレイコちゃんですね。
引っ込み思案で、暗いのに、デミ・コンプレックスで、幽霊の能力を手に入れてしまった女の子です。

そのため透けてしまったり、ふわふわ浮いてしまったりします。
ロリっぽくてすごくかわいい!

 

乾燥した日々を送っている人には、潤いをもたらしてくれる一冊だと思います。

5段階評価で、☆3つってところかな?

アマゾンのリンク貼りましたが、ガンマで無料で読めますよ。

ganma.jp

GANMA!のクライミング漫画オーバーハング!が面白い

GANMA!ってサイト知ってますか?

このサイト、無料で漫画が読み放題なんで毎日見ています。

ganma.jp

はじめは「無料のネット漫画なんて……」と正直、馬鹿にしてましたが……ここの漫画、かなり面白いんですよ!

すごくいい!

完結している漫画では『オーバーハング!』がおすすめです。

ganma.jp

この漫画、少年ジャンプに連載されていてもおかしくないくらい、胸の熱くなる展開の漫画です。

主人公の弾が、クライミングにはまり、どんどん熱中、仲間と大会に出るなどし、成長していく物語です。

作者の体調不良なのか、怪我なのか、わかりませんが、すごくいいところで終わってしまうんです。
続編が出るのかな……。

それはわかりませんが、とにかく面白い。

ネットで読める無料の漫画で、ここまでレベルの高い作品があるとは思いませんでした。

またかわいい、って程じゃないですが、ヒロインの女の子たちもなかなか素敵です。

アニメになってもおかしくないくらいのできなので、未読の人は無料なのでぜひ読んでほしいです。

 

作者のツイッターを見ると、

twitter.com

イラストレーター? か何かをやってるみたいですね。

もしよかったら、また新しい漫画を連載してほしいなと思います。

 

個人的なイメージですが、GANMA!って女の子がとにかくかわいい! みたいな漫画が多いと思うんです。

そんななかで、このオーバーハング!は結構男臭い作品なんですよね。

もちろん、ほかにもそういう作品がないことはないんですが、こういう王道の少年漫画、ってなると、ガンマでは結構貴重な存在じゃないかな、と思います。

 

 

 

 

 

毛糸の編み物を再開! ハンドメイド販売が夢だが……

しばらく編み物から遠ざかっていましたが、また始めることになりました。

やっぱり楽しい!

私は無料で動画が見れるTVerGyao!で、バラエティ番組やドキュメンタリーを見ながら編んでます。

またマーラー交響曲を聞きながら編むことも多いですね。

15×10センチくらいのパンダのマスコットを途中まで作って、辞めてたんで、その続きを作成しています。

今はこんな感じです。

f:id:shounagon:20181006111126j:plain

 

なんだか化け物みたいですが、耳と目と鼻と足をくっつければ、パンダになります。

 

ただ結構面倒臭い!

パンダの本体は何とか完成したんですが、足を作ったり、手を作ったり、耳を作ったり、しっぽを作ったり……ってのが面倒です。そのうえそれらを本体にとじ付けるのも、大変。

マスコット作りは楽しいんですが、そういうふうに、つなげるとか、パーツを作る作業が面倒なんですよね。
ほんと大変。

 

それに、マスコットのパーツを体にくっつける方法が、いまいちよくわかってないんですよね。
そのやり方、ネット探しても載ってない。

 

また自分の作った作品を、誰かに見てもらいたいってわけじゃないんですが、ちょっとどう思うか聞きたいじゃないですか。

だからツイッターやインスタグラムでも始めようかな……とちょっと思っています。

 

そこでちょっと写真を撮ったんですが……、全くきれいに撮れない……。写真って難しいな。

 

床で撮ると生活感すごいんで、ノートとプリンター用の白い紙で、背景と床を作りました。それでもなんかイマイチ。

たとえば、このサイトに載っていた、子パンダを作りました。

www.amuuse.jp

で、撮影しましたが、こんな感じです。

f:id:shounagon:20181006113628j:plain

照明を明るくして、背景なんかも工夫して……ってすればいいんでしょうが、そこまでするのは正直面倒……。

 

ちなみに、パンダには足を付けました。

こんな感じです。

f:id:shounagon:20181006113959j:plain

こんなんばっか乗ってるインスタなんて、だれも見ないよなあ……。

 

可愛いやつ編んで、写真の腕を磨こうかな。でも面倒……。

だけど誰かにちょっと見てもらいたいんだよなあ。

GANMA!の漫画は面白いが、パソコンで見にくい

 お金のないマンガ好きの強い味方、GANMA!

GANMA!では、優れた漫画作品がすべて無料で読めます。

マンガ好きでまだ使ってない、って人はぜひ。

ganma.jp

 

ここに連載されてる漫画には面白い作品がとても多いです。

オーバーハング!』よかった。

これはクライミングの漫画なんですが、ジャンプに乗ってる少年漫画みたいで、なかなか熱狂しました。
もちろん、あのラストには唖然としましたよ。「ああ、作者、漫画書くのに飽きちゃったのか」と。

 

いま読んでる漫画だと、鉄血機関とか、ふぞろいユモレスクとか好きですね。

とくにふぞろいユモレスクはくせになってしまうw

あのバカさ加減がいいんですよ。

 

ただ、2018年10月現在、漫画によって、ページがなかなか捲れないんですよ。

たとえば、わたしのパソコンはDellのWindows10で、高画質の動画がサクサク見られるスペックです。

ふぞろいユモレスクとか鉄血機関は、サクサクページが捲れます。

でも、たとえば「ユメクイ」という漫画だと、めくる矢印マークを押して、五秒くらいしないと、ページが捲れません。

どういうわけか、スムーズにページが捲れる漫画と、そうじゃない漫画があるんです。

 

あとパソコンだと、応援ができないのもつらい。

どうせなら大きな画面で読みたい、と思うのは普通のことだと思うんです。だからパソコンで読んでるんですが、パソコンだと、広告を見て応援するってことができません。

またいわゆる「いいね!」ボタンのかわりに、ハートがあるんです。ハートボタンというのかな?

それも押せないんですよ。
パソコンだからかな? それとも、私のブラウザがグーグルクロームだからなんでしょうか。
たまにIEだと正常に機能する、ってサイトもあるので。


とにかく、漫画によってはページをめくるのが遅すぎるので、興味があっても読まない漫画もあります。

その点が改善されたらいいな、とは思ってます。

 

現在スマホユーザーの方が多い、ってのはわかります。

スマホで隙間時間に、って人がメインターゲットなのは当然かもしれませんが、家のパソコンで、ゆっくり読みたいって人のことも、考えたらいいのにと思います。